SPGアメックスのマイル還元率は最大1.25%!効率の良いポイントの貯め方も解説

飛行機をよく利用する方にとっては、マイルの還元率がクレジットカードを選ぶ重要な基準になると思います。

 

ただ、各航空会社が発行しているクレジットカード以外で、マイルが貯まりやすいカードはあまりありません。

 

そんな中、SPGアメックスはマイル還元率が高いことで有名です。

 

そこでこの記事では、SPGアメックスのマイル還元率と、ポイントを効率よく貯める方法について解説します。

 

SPGアメックスの基本マイル還元率は1.0%

SPGアメックスで付与されるマリオットポイントは、JALとANAも含む世界各国の航空会社のマイルに交換でき、基本マイル還元率は1.0%です。

 

SPGアメックスでは、100円につきマリオットポイントが3ポイント付与されます。

 

マイルへの交換は3,000ポイントから可能で、3,000マリオットポイントで1,000マイルに交換可能です。

 

つまり、3マリオットポイント=1マイルとなり、100円=1マイルで還元率は1.0%となります。

 

60,000ポイント交換でマイル還元率は1.25%にアップ

マリオットポイントでより多くのマイルを獲得したい場合は、60,000ポイントをマイルに交換するのがおすすめです。

 

60,000ポイントをまとめてマイルに交換すると、通常の1.0%の還元率分の20,000マイルにボーナスマイルとして5,000マイルが追加され、合計で25,000マイル付与されます。

 

SPGアメックスで60,000ポイント獲得に必要な決済額は20,000円なので、還元率は1.25%(25,000マイル÷20,000円)となります。

 

60,000ポイント以外のポイント数でマイルに交換すると還元率が1%になってしまうので、必ず60,000ポイント単位で交換するようにしましょう。

 

SPGアメックスはJALマイルを貯めたい方に特におすすめ

ちなみに、SPGアメックスの還元率1.25%の恩恵を特に受けるのはJALです。

 

JALマイルはANAマイルに比べると貯まりづらいことで有名で、JALのクレジットカードであるJALカードでも基本還元率は1%と低いです。

 

ただし、JALの航空券の購入やJALカードの特約店でJALカードを利用した場合、還元率が2%にアップします。

 

結論としては、JALカード特約店ならJALカードで、特約店でない場合はSPGアメックスで決済すると、JALカード1枚よりもJALマイルがかなり貯まりやすくなるので、うまく使い分けましょう。

 

SPGアメックスでマリオットポイントを効率よく貯める方法

SPGアメックスを使うとマイルが貯まりやすくなるのは事実ですが、マリオットポイント自体を効率よく貯めることができれば、さらに多くのマイルを貯めることができます。

 

以下に、SPGアメックスでマリオットポイントを効率よく貯める方法を2つご紹介します。

 

入会キャンペーンのボーナスポイントを獲得する

まずは、入会キャンペーンのボーナスポイントを獲得することです。

 

現在SPGアメックスでは、カード入会後3ヶ月以内に10万円以上利用すると、ボーナスポイントが30,000ポイント付与されます。

 

また、カード入会後3ヶ月以内に30万円以上利用すると、追加で30,000ポイントがボーナスポイントとして付与され、合計で60,000ポイントもらえます。

 

毎月の家賃や水道光熱費、食費などをSPGアメックスでの支払いに切り替えれば、3ヶ月30万円(1ヶ月10万円)に達する方もいると思うので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

また、どうしても30万円に届かない場合は、有効期限が10年と長いAmazonギフト券の購入の検討をおすすめします。

 

マリオットボンヴォイ参加ホテルの支払いでSPGアメックスを使う

キャンペーン以外でSPGアメックスを利用して最も効率よくポイントを貯める方法は、マリオットボンヴォイのプログラム参加ホテルの支払いでSPGアメックスを使うことです。

 

まず、プログラム参加ホテルでSPGアメックスを使うと、通常の2倍の100円につき6ポイント付与されます。

 

またSPGアメックスを発行すると、自動でマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になるのもポイントです。

 

ゴールドエリート会員がプログラム参加ホテルに宿泊すると、1米ドルごとに12.5ポイント付与されます。

 

つまり1米ドル=100円とした場合、プログラム参加ホテルでSPGアメックスを使えば、100円で18.5ポイントも貯まるということです。

 

SPGアメックス決済ゴールドエリート会員特典合計

(1ドル=100円で計算)

100円=6ポイント1ドル=12.5ポイント18.5ポイント

 

仮に30,000円のホテルに泊まった場合、SPGアメックスで決済すれば5,550ポイント付与され、マイルに換算すると1,850マイルになります。

 

通常は、30,000円なら還元率1.25%でも375マイルなので、SPGアメックスをプログラム参加ホテルで利用するメリットが実感できるはずです。

 

マリオットボンヴォイのプログラム参加ホテルに宿泊する際は、必ずSPGアメックスで決済しましょう。

 

公共料金や税金の支払いにSPGアメックスは使わないこと

SPGアメックスは、公共料金や税金の支払いには使わないようにしましょう。

 

理由は、公共料金と税金をSPGアメックスで決済するとポイント還元率が0%、もしくは0.5%になるからです。

 

ポイントが一切還元されない主なものは、以下の通りです。

・NHK

・楽天Edy

・モバイルSuica

・SMART ICOCA

・モバイルPASMO

 

還元率が0.5%になる主な公共料金はこちらです。

・電気料金

・ガス料金

・水道料金

・国税

・都道府県税金

・市民税

・国民年金保険料

・特許申請料

・Yahoo!公金支払い

 

また、上記以外にも還元率が0%や0.5%になるものがあるので、公式サイトでの確認をおすすめします。

https://www.americanexpress.com/jp/benefits/rewards/membership-rewards/exception.html

 

まとめ:SPGアメックスをうまく使えばマイルがザクザクたまる

SPGアメックスは日頃の支払いはもちろん、加入時のキャンペーンを適用させたり、マリオットボンヴォイのプログラム参加ホテルへの宿泊時に利用することで、一気にマイルを貯めることができます。

 

特にホテルでの決済はポイントが本当に貯まりやすいので、忘れずに活用しましょう。

 

また、公共料金や税金などの支払い時に利用すると還元率が0%や0.5%になる点には注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です