SPGアメックスの年会費は実質無料!無料宿泊特典で元を取る方法

SPGアメックスは、マリオット系のホテルで利用するとお得になるだけでなく、各航空会社のマイルもたまりやすいなど、多くのメリットがあるクレジットカードです。

 

ですが、SPGアメックスを検討してはいるものの「年会費が高い」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

実は、SPGアメックスの特典を有効活用すれば、年会費を実質無料にすることができます。

 

そこでこのページでは、SPGアメックスの年会費を実質無料にする方法についてご紹介します。

 

SPGアメックスの年会費

まずは、SPGアメックスの年会費についておさらいしておきます。

 

本会員:34,100円(税込)

 

無料~10,000円前後の年会費のクレジットカードが無数にある中で、SPGアメックスの年会費が高く感じる方もいるでしょう。

 

SPGアメックスの年会費は実質無料になる

SPGアメックスの年会費は一般的なクレジットカードに比べると割高ですが、その分特典も充実しています。

 

特典を有効に利用すれば、年会費を実質無料にすることが可能です。

 

【1年目】入会キャンペーンで付与されるポイントで実質無料にする

SPGアメックスは、入会後3ヶ月以内に10万円以上のカード利用で30,000ポイント、30万円以上カードを利用するとさらに30,000ポイントの合計60,000ポイント付与されるキャンペーンを開催中です。

 

マリオットホテルの宿泊でポイントを使う場合、予約する時期にもよるもののおおよそ1ポイント1円換算になります。

 

SPGアメックスで30万円以上利用して60,000ポイント付与されれば、年会費を実質無料にすることができます。

 

SPGアメックスのカードが届き次第、家賃や水道光熱費、食費などさまざまな支払いをSPGアメックスに変更することで、3ヶ月で30万円(1ヶ月あたり10万円)決済する方も多いのではないでしょうか。

 

なお、30万円に届かない場合は、Amazonギフト券の購入がおすすめです。

 

Amazonギフト券は有効期限が発行から10年と長いので、Amazonを利用する機会がある方は検討してみるといいでしょう。

 

【2年目以降】無料宿泊特典で年会費以上のホテルに無料宿泊して実質無料にする

SPGアメックスの2年目以降の年会費を実質無料にするために活用したいのが、カードを更新すると1年に1回利用できる無料宿泊特典です。

 

無料宿泊特典では、50,000ポイントまでのホテルに大人2名まで宿泊できます。

 

またホテルによっては、子供も添い寝(追加ベッドなし)であれば2人まで無料で宿泊できる場合があるので、4人家族にもぜひ活用してほしい特典です。

 

マリオット系ホテルの必要なポイント数は、ホテルのカテゴリー(グレード)とシーズンで異なります。

 

各カテゴリーとシーズンごとに必要なポイントは以下の通りです。

 

カテゴリーオフピークスタンダードピーク
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,00085,000100,000

 

SPGアメックスの特典で無料宿泊できる、カテゴリーごとのシーズンはこちら。

 

カテゴリー7オフピークのみ
カテゴリー6オフピークとスタンダード
カテゴリー5以下オフピークとスタンダード、ピーク

 

カテゴリーが上になるほど宿泊料金も高く、無料宿泊特典を利用できればSPGアメックスの年会費以上にお得になります。

 

カテゴリー7のホテルに宿泊する場合

日本国内にある、カテゴリー7のホテルは以下の通りです。

 

カテゴリー7
北海道ウェスティン・ルスツリゾート
栃木ザ・リッツカールトン日光
東京ウェスティン東京
シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ
メズム東京
大阪ザ・リッツカールトン大阪
セントレジス大阪
京都HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクションホテル&スパ
ルネッサンス・オキナワリゾート
沖縄シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

 

例えば、カテゴリー7のザ・リッツ・カールトン日光は、オフピークシーズンなら1泊120,000円の部屋を50,000ポイントで宿泊できることもあります。

 

本来なら120,000円かかる宿泊代金が、SPGアメックスを持っているだけで1年に1回無料で宿泊できるので、カード年会費34,100円の元を十分に取ることができます。

 

ただ、カテゴリー7はオフピークしか使えず、人気もあり競争率が高いために宿泊できる日がかなり限られるのがネックです。

 

希望日に宿泊するには、宿泊の数ヶ月前に予約する必要があるので、休日が決まっていない方はスケジュールの調整が難しいかもしれません。

 

カテゴリー6のホテルに宿泊する場合

日本国内にある、カテゴリー6のホテルは以下の通りです。

 

カテゴリー6
北海道キロロ トリビュートポートフォリオホテル北海道
シェラトン北海道キロロリゾート
東京コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション
ザ・プリンスさくらタワー東京 オートグラフ コレクション
東京マリオットホテル
静岡軽井沢マリオットホテル
大阪W大阪
大阪マリオット都ホテル
京都ウェスティン都ホテル京都
ザ・プリンス京都宝ヶ池 オートグラフ コレクション
奈良JW・マリオットホテル奈良
広島シェラトングランドホテル広島
沖縄オキナワ・マリオットリゾート&スパ

 

カテゴリー6は、オフピークだけでなくスタンダードシーズンでも特典を利用できるので、カテゴリー7に比べると宿泊できる日はかなり多いです。

 

また、宿泊代も一泊50,000円前後のホテルが多いので、カテゴリー6でもSPGアメックスの年会費を実質無料にすることができます。

 

カテゴリー5のホテルに宿泊する場合

日本国内にある、カテゴリー5のホテルは以下の通りです。

 

カテゴリー5
宮城ウェスティンホテル仙台
東京ACホテル東京銀座
アロフト東京銀座
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
シェラトン都ホテル東京
モクシー東京錦糸町
神奈川横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
山梨富士マリオット・ホテル山中湖
静岡伊豆マリオットホテル修繕寺
愛知名古屋マリオット ソシアホテル
滋賀琵琶湖マリオットホテル
大阪コートヤード・バイマリオット大阪本町
コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション
シェラトン都大阪
モクシー大阪新梅田
和歌山南紀白浜マリオットホテル

 

カテゴリー5は、全シーズンで無料宿泊特典を利用できますが、ピークシーズンでも一泊30,000円を下回るホテルも多いです。

 

そのため、カテゴリー5ではSPGアメックスのカード年会費の元を取れない可能性があります。

 

カテゴリー4以下は、カテゴリー5よりもさらに宿泊料金が安いホテルがほとんどなので、カード年会費を実質無料にすることは基本的にできません。

 

SPGアメックスの年会費を実質無料にするには、カテゴリー6以上のホテルで無料宿泊特典を利用するようにしましょう。

 

部屋のアップグレード特典で実質無料にする

SPGアメックスを利用してマリオット系のホテルに宿泊すると、選んでいた部屋よりも客室が広い、またはベッドが大きい部屋に宿泊できることがよくあります。

 

これは、SPGアメックスに客室の無料アップグレード特典がついているためです。

 

部屋を1ランクアップグレードするには数千円の費用がかかるので、1年に何度もマリオット系のホテルに宿泊する方なら、アップグレード特典だけでカード年会費を実質無料にすることが可能です。

 

アップグレード特典は事前に申し込むことができず、チェックイン時にアップグレードされたかどうかを確認できます。

 

またアップグレード特典は、アップグレードできる部屋が空いていることが条件なので、宿泊者が多い繁忙期(ピークシーズン)には適用されないことが多いです。

 

ピークシーズンを避ければ高い確率でより良い部屋に泊まれる可能性が高いので、アップグレードを狙うならスタンダードやオフピークシーズンに予約することをおすすめします。

 

なお、無料宿泊特典を利用して1泊する場合は、アップグレード特典は適用されません。

 

ですが、無料宿泊特典+通常の有料宿泊で2日以上宿泊すると、有料宿泊のアップグレード特典が無料宿泊にも適用され、滞在期間中はずっとアップグレードされた部屋で宿泊できることもあります。

 

SPGアメックスはマイル還元率が1.25%でトップクラスの高さ

SPGアメックスの決済で貯まったポイントは、マリオット系のホテルで使う方が多いと思います。

 

実は、SPGアメックスのポイントは1.25%という高還元率で航空会社のマイルに交換することが可能です。

 

特にマイルが貯まりにくいことで知られるJALは、JALカードでも通常の支払いでは1%しかマイルに還元されません。

 

SPGアメックスは、60,000ポイント単位でJALマイルに交換すると、通常の20,000マイルに加えて5,000マイルがボーナスとして付与され、合計で25,000マイルと交換できます。

 

ANAや外国の航空会社も還元率1.25%でマイルに交換できるので、飛行機に乗らずにマイルを貯めたい方にもSPGアメックスはおすすめです。

 

まとめ:1年に1回でも旅行するなら年会費無料になるSPGアメックスはおすすめ

SPGアメックスは年会費が34,100円と、一般的なクレジットカードに比べると高額ではあります。

 

ですが、1年に1回でも旅行する方なら、無料宿泊特典を利用することで年会費を実質無料にすることが可能です。

 

また、1年に何度もマリオット系のホテルに宿泊する方は、部屋のアップグレード特典が複数回適用されることで年会費の元を取ることができます。

 

マリオット系のホテルによく宿泊する、もしくはこれから宿泊したい方は、SPGアメックスを持っているだけでお得なので、検討してみることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です